#37 新生活に使えるコミュ力

4月になり新生活が始まる方も多いですよね。地元を離れて進学したり就職したりと胸躍る期待とともに不安も大きいと思います。今回は新生活で是非とも覚えておいてほしいコミュニケーション術について書いていきます。どうぞ最後までお付き合いください。

このブログを読んでわかること→新しい場所での人間関係を円滑にストレスフリーに生活できる!

コミュニケーション術

  • 理不尽なことが起きても真面目に捉えない

新社会人などは特に年上の上司たちに囲まれアウェーな状態になりがちで、中には”新人いびり”のような年下に難癖つけては自分だけ責任逃れするような大人もいます。特に日本は年功序列制なので位は高いのに全く頼りにならない人もいます。皆さんもすぐに「歳を取っても大人になるとは限らないんだ」というこに気づくはずです。どんなに理不尽なことが起きてもその問題に対して真面目に悩んではいけません。あなたの気力が勿体無いです。会社のことなんて会社で解決すればいいんです。プライベートまで悩む必要はありません。

また何か人に指摘された時に仕事の改善点ではなくあなたそのものを否定するような人格否定をする上司の話はただ聞き流すだけでいいです。本当に賢く頼り甲斐のある人は人格否定などしません。

  • 陰口は言わない

陰口を言ってると性格がひん曲がるとかそんなことを言っているのではありません。私は社内のゴタゴタを何度も見てきました。その人たちは社内の人の陰口を社内間でしていたのです。そりゃあそんな狭いコミュニティーで陰口なんて言い合っていたらすぐにバレてムードは険悪。周りも気を使う始末です。愚痴も言いたくなる時もありますよね。そんな時は同じコミュニティー内の人ではない部外者に話しましょう。勇気があるならば一度めんんと向かって言ってみるといいかもしれませんよ。案外両者の思い違いが原因だったりすることもあります。

  • 本当のことを言う

仕事でミスをしたり遅刻したり人間だから間違ってしまうこともあります。その時に変な言い訳は絶対しないほうがいいです。先輩たちもある程度同じことは経験していますから大体「あ、嘘ついてるな」とわかってしまいます。彼らも過去に同じ道を踏んでいるからです。私が働いていた時、新人の方がミスをしてしまいその人は言い訳も何も言わずありのままに状況を説明していました。その時私は誠実な人だなという印象をうけ、それからも仕事を任せやすくなりました。やはり誠実さは大切です。嘘をついてしまうと後々めんどくさくなります。

最後に

これらは私が実際に新社会人として働いているときに感じたことです。環境が変わり悩みも出てくるかもしれません。周りにどれだけ責められても絶対に自分だけは自分を責めないでいてあげてください。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました